サヴォイでお茶を
taking tea at the Savoy

サヴォイでお茶を

アントン・エイデルマン 著

日暮 雅通 訳

本体価格 1,900円+税

ISBN 978-4-89362-197-9

B5変型判 上製

92 頁

2002年11月1日 発売

紅茶の国からやってきた。おいしいお菓子でティータイム


世界的に有名な料理人であり、サヴォイの総料理長を務めたアントン・エイデルマン氏が、紅茶の話やサヴォイ・ホテルのアフタヌーンティーとそのレシピを紹介。英国式ティータイムとエレガンスを味わう本。

書籍版

本体 1,900円+税


  • 内容紹介
  • 書評
  • 紹介記事

本書では、世界的に有名な料理人であり、サヴォイの総料理長でもあるアントン・エイデルマン氏が、すばらしいアフタヌーンティーのレシピとともに古き良き時代を彷彿とさせるお話や、紅茶にまつわるロマンチックな話、紅茶伝来のエピソードなどを織り交ぜて、語ってくれます。
選び抜かれた香りの紅茶、優雅な磁器の茶碗、上品に並ぶ食べ物たち。スモークサーモンのオードブルや、羽根のように軽いお菓子。夏の戸外のティータイムには、薄切りキュウリのサンドウィッチと、フレッシュフルーツのタルトレット。冬のゆううつを追い払う、こってりとしたケーキと地中海風味のごちそう。
本書『サヴォイでお茶を』を読んで、終わりのない午後をお楽しみください。


著者:アントン・エイデルマン(Anton Edelmann)
サヴォイホテルの総料理長。その料理に関する創造性と幅広い知識は、世界中から賞賛されている。英国BBCテレビの「フード・アンド・ドリンク(Food and Drink)」など、さまざまな番組にゲスト出演しているほか、『ザ・サヴォイ・クックブック』(パーソナルメディア刊)、『アントン・エイデルマンの独創的料理法(Anton Edelmann's Creative Cuisine and Canapes and Frivolities)』などの本も書いている。
(※著者紹介は、本書刊行当時のものです。)

各雑誌等で紹介されています。(敬称略。一部引用)


ミセス 2003年4月号

  • BOOK
  • 本格的なアフタヌーンティーをどうぞ
    今でこそ普通の言葉になってしまった"アフタヌーンティー"。だがイギリスのホテル、サヴォイのアフタヌーンティーは一味違う。王族、映画スターやモデルに交じって観光客も集う、 ……洗練、粋の極みの空間にふらりとさり気なく参加するのが夢だが、英国式エレガンスをこの本で疑似体験するのもよしとしようか。」

家庭画報 2003年3月号 (世界文化社)

  • 「ロンドンに行ったら、テムズ河沿いのサヴォイ・ホテルで、優雅なアフタヌーンティーを楽しみたい。
    ……サヴォイの総料理長が、豊富なレシピとともに、伝統ある英国式ティータイムの極意を語る。」

GrandMagasin 2003年2月号 (日之出出版)

  • ……お茶は世界中いたるところでどんな時間にも飲まれ、幸せな時間を生み出している。なかでもイギリスの伝統的なアフタヌーンティーは、洗練されたエレガンスに満ちたもの。その真髄に触れたい人にはこの本がおすすめ。」

YOMIURI PC 2003年2月号 (読売新聞社)

  • 「ロンドンのサヴォイホテルのレシピが満載。写真とともにくつろげる。」

日経WOMAN 2003年1月号 (日経ホーム)

  • 英国式アフタヌーンティーのエレガンスを味わう本
    ……サヴォイ・ホテルの総料理長が、紅茶と、それを彩るお菓子とおもてなしについて語った本『サヴォイでお茶を』が発売。レシピとともに織り交ぜられた古き良き時代のエピソードで、きっと優雅な気分になれるはず。」

Bene Bene 2003年1月号 (オレンジページ)

  • BOOKS/ベーネの本棚
  • 「ロンドン随一のホテル、サヴォイの総料理長が、アフタヌーンティーのレシピとともに、紅茶のさまざまなエピソードを紹介。英国式アフタヌーンティーのエレガンスが味わえる一冊。」

読売新聞(夕刊) 2002年12月9日 (読売新聞社)

  • 「ロンドンのテムズ川沿いに立つサヴォイ・ホテル。1889年開業の格式高いホテルで供されるアフタヌーン・ティーは英国の洗練の極みなのだという。……
    ……ホテルや厨房の風景を映したセピア色の写真も優雅な雰囲気を醸し出す。気ぜわしい師走、ちょっと息抜きしたい時に午後の紅茶を楽しんではいかが。【亜】」

cbook24.com 2002/10/18

  • COFFEE BREAK
  • 「……この本は本場英国式を紹介している1冊です。」

deco+ Vol.02 (主婦の友生活シリーズ 2003年2月) (デコプラス/主婦の友)

  • brtter now
  • 「……ドーナツやスコーンなどの定番ものをこんなにエレガンスに見せるとは、さすがです!……サヴォイホテルのリピーターの方にも喜ばれる本ですね。この本を眺めながら、ぜひアフタヌーンティーのひとときを!」
  • 【近藤哲也 芳林堂書店自由が丘店 店次長】

本書をお読みになった方々にブログやweb上のコラムでご紹介いただいております。




トップ > THE SAVOYシリーズ > サヴォイでお茶を