2000年のコンピュータ社会を読む
ローマ・長安文明からさぐる日米欧未来への挑戦

2000年のコンピュータ社会を読む

栗田 昭平 著

本体価格 1,800円+税

ISBN 978-4-89362-083-5

四六判 上製

354 頁

1991年6月 発売

日本、アメリカ、EUのコンピュータ社会の特徴を新しい視点をもとに解明。21世紀のコンピュータ社会のありかたに鋭く迫る。


※在庫僅少のため、ご希望部数を明記の上、
お電話かメールでお問い合わせください。

(TEL:03-5749-4932/pub@personal-media.co.jp
在庫を確認のうえ、ご注文をお受けいたします。
(在庫の確認にお時間をいただく場合があります。)

  • 内容紹介
  • 目次

かつて栄えたローマ、長安の二大都市文明における特徴をえぐり、それが日米欧における現代のコンピュータ開発・利用にどのような影響を 及ぼしているのか。そして2000年代に向けてどのような影響を与え続けていくのか。新しい視点で今後のコンピュータ社会を解き明かす。

  • プロローグ
  • 第1章 2000年のコンピュータ利用を考える
  • 第2章 各文明の特質と情報とのかかわりあいはどうだったか
  • 第3章 アメリカのコンピュータ最先端技術
  • 第4章 英・独・仏の情報技術ナショナル・プログラム
  • 第5章 ECの情報技術戦略プログラム
  • 第6章 日本のコンピュータ・プロジェクト
  • エピローグ

トップ > 一般書 / 読み物 > 2000年のコンピュータ社会を読む