ナチュラルコンピュテーション2
聴覚と触覚・力センシング・運動の計算理論

ナチュラルコンピュテーション2

ホイットマン・リチャーズ 編

石川 正俊、平原 達也 訳

本体価格 4,800円+税

ISBN 978-4-89362-127-6

A5判 並製

322 頁

1994年7月 発売

ナチュラルコンピュテーションとは計算論的なアプローチと生物学的アプローチを統合して知覚・運動メカニズムを解明する理論である。本書では聴覚、力センシングと運動制御に関する分野を取り上げている。


 ⇒ Amazonで購入
  • 目次


  • 訳者前書き
  • 日本版への序文
  • 序言

  • Ⅰ 音とは何か
    • 音とは何か
    • 1 音響信号を表現する
    • 2 両耳受聴による音源定位と音源分離の計算機モデル
    • 3 音声認識のためのスペクトログラムの大略化
    • 4 歌声の音響学
    • 5 音で材質を見分ける
    • 6 壊れたのかバウンドしたのか?
    • 7 旋律の知覚

  • Ⅱ 力センシングと制御
    • 8 人間の手の把握について
    • 9 多関節ハンド:力制御と運動学的問題
    • 10 触覚によるテクスチャーの検出
    • 11 物理システム理論とマニュピレータの制御
    • 12 負荷剛体の慣性パラメータの推定
    • 13 マニピュレータの軌道の動的スケーリング
    • 14 歩行の弾道学的モデル
    • 15 正則に実現可能な歩調行列の特徴
    • 16 ランニングにおけるバランスと対称性

  • Ⅲ 将来の方向性
    • 将来の方向性

  • Problem(問題点)
  • Glossary(用語集)
  • Name Index(人名索引)
  • Subject Index(事項索引)

トップ > 理工書 / 専門書 > ナチュラルコンピュテーション2